買いたい

リフォームとリノベーション

「リフォーム」「リノベーション」で間取変更・設備アップ・水回り修繕・デザイン変更

時の流れは建物を古くするだけでなく、希望者のニーズそのものを変えて行きます。
エンドユーザーである希望者と直接対話する当社だからこそ、時代のニーズを敏感に捉え、家主様へ的確なご提案ができるのです。

●「リフォーム」と「リノベーション」の違いとは?
「リフォーム」とは、
●雨漏りなどの修繕
●外壁の取り替え
●住宅設備(キッチン、浴室などの水周り主体)の、補修
など老朽化した建物を新築の状態に戻すことを言います。
英語で「reform」は「改心する、改正する」もしくは広く「作り直す」を意味します。
つまり、リフォームという言葉を使うときは、基本的に壊れていたり、汚れていたり、老朽化したりしている部分を直したり、きれいにしたり、新しくしたりすることです。

サムネイル1サムネイル2



「リノベーション」とは、
●住宅設備(キッチン、浴室などの水周り主体)の取り替え
●今の住宅の床面積を増やす(増築)
●今の住宅の床面積を増やさずに中の間取りを変える(改築)
●省エネルギー性能の強化(エコガラス(省エネ複層ガラス)、サッシなど)
●耐震性の強化(補強工事など)
●手すりや階段昇降機の設置などのバリアフリー対応化
●オール電化
など、既存の建物に大規模な工事を行うことで、性能を新築の状態よりも向上させたり、価値を高めたりすることを言います。
新築時の状態に戻すことを目標にするのではなく、機能や価値を向上させることを前提としています。よりデザイン性の高いものに改良したり、住環境を現代的なスタイルに合わせていったりすることなどが含まれます。

サムネイル3サムネイル4

サムネイル5サムネイル6


当社では、「リフォーム」「リノベーション」をお考えの家主様へ施工する業者をご紹介しておりますので、お気軽にお申し付けください。