買いたい

住宅ローンの種類と返済方法


融資のタイプ

住宅ローンの融資のタイプには下記の3種類があります。
各住宅ローンのタイプにはメリットやデメリットがありますのでご自身のライフスタイルにあったタイプをお選びください。

●全期間固定金利型
借入申込時又は契約時に全返済期間の適用金利が決まるタイプ。全返済期間の適用金利が一定のものと、返済途中で金利が変わる(例:当初10年間と11年目以降)2段階の金利のものがあります。

メリット
金利が固定されているため返済額を確定できるので、返済プランがたてやすい。
金利が低い時に借りると返済期間中、返済額をおさえることができる。
全期間固定金利型


デメリット
金利が高い時に借りると、金利が下がった場合でも返済額が借入時の金利で返済しなければならない。


●変動金利型
金利の変動に伴い、返済途中でも定期的に金利が変動するタイプ。原則として半年に1度、短期プライムレートの変動に応じて適用金利が変わる。また、5年毎に返済額の見直しが行われる場合があります。

メリット
借入時の金利は一般的に全期間固定金利型より低めに設定されている。
金利が低く推移している場合、返済額がおさえられる。
変動金利型


デメリット
金利が変動するので、返済額が確定できず返済プランがたてにくい。
金利上昇した場合、返済額が増加する。
金利が一定以上に上昇した時、「未払利息」が発生する場合がある。


●固定金利期間選択型
「当初5年間は金利○○%」のように、返済期間中の一定期間は金利が固定されるタイプ。固定金利期間終了後は、終了時点の変動金利型又は、再選択した固定金利型(期間選択型を含む。)となります。

メリット
返済期間中の一定期間の返済額は確定される。
固定金利期間選択型


デメリット
固定金利期間が終了した後の返済額が確定されない。
固定金利期間が終了した後に金利が上昇した時、返済額が増加する。


住宅ローンの種類

住宅ローンには大きく分けて「民間融資」「公的融資」の2つがあります。
一般的に「民間融資」は「銀行ローン」「フラット35」、「公的融資」は「住宅金融支援機構ローン」「財形ローン」に分けられます。
住宅の条件により利用できないローンもあるため注意が必要です。


民間融資 住宅ローン
民間の銀行等が貸し出しをしている住宅ローンです。さまざまな種類のローンがあります。
フラット35住宅ローン
住宅金融支援機構の証券化支援事業を活用した、長期・固定金利の住宅ローンです。
公的融資 住宅金融支援機構ローン
住宅金融支援機構が貸し出します。固定金利で長期返済ができるという特長がありますが、融資に際しての細かな条件もさまざまに設けられています。
財形ローン
会社等で財形貯蓄をしている場合に借りることができます。一般財形貯蓄、財形住宅貯蓄、財形年金貯蓄のいずれかを1年以上継続し、50万円以上の残高があることが条件です。



返済方法

返済方法には大きく分けて「元利均等返済」「元金均等返済」の2つがあります。
両者にはメリットデメリットがありますので自分にあった無理の無い返済方法を選びましょう。

●元利均等返済
月々決まった額(元金+利息)を返済する方式です。
金利タイプが変動タイプの場合、返済額は5年ごとに見直し、次の5年間の返済額を定めます(利率に変動があった場合も、見直しするまでは返済額は変更されません)。ただし、利率が上昇し返済額が増額となった場合でも、それまでの返済額の125%を超えることはありません。

メリット 毎回の返済額が同じなので長期にわたる返済計画が立てやすい。
毎回の返済額が同じなので長期にわたる返済計画が立てやすい。
デメリット 返済当初は利息の支払いにあてられる割合が大きく元金が減るペースが遅い。

●元金均等返済
月々決まった元金に、利息を加えた額を返済する方式です。

メリット 毎回、一定額の元金を返済していくので、「元利均等返済」に比べて、ローン残高が確実に減り、トータルで支払う利息が少ない。
デメリット 返済当初は利息の支払いが多く、返済負担が重い。

ローンのシミュレーションは「住宅金融支援機構」で行うことができます。